前々からずっと気になっていた事があって、30年くらい前、東京で姓名判断をしてもらったら

実は私、前々からずっと気になっていた事があってね。
30年ほど前、会社の女性の同僚や先輩と飲み歩いて
占いの館みたいなのがあって、試しに占ってもらおうと
言う事でね。
「女性はこういうのが好きだからなぁ」とか思っていたら
「お前もみてもらえ」と言う話しになって、姓名判断と
手相でみてもらってね。
手相については、占い好きの母が子供のころにみて
もらったのを聞いていたので、“ますかけ”と言ういい
手相だとわかってはいたんだけど、姓名判断の結果が
良くなくてね。
あのようなところの占いは、あまり結果を悪く言わない
のに、「今すぐ改名なさい」だってさ。
それがずっと残っていて、「親からもらった名前だし」とか
「法律的にはどうなのか」とか「会社での登録もあるし」
とか、いろいろ考えているうちに30年が経過してね。
今回、諸般の事情で会社も辞めたし、引っ越しもしたから
心機一転する為にも改名してみようと、姓名判断の本や
ネットでいろいろ調べました。
名字を変えるのと、読みを変えるのはやめて、名前の
一文字目だけを変えて、人格部分の28画を避けようと
思っていました。
姓名判断では、姓の一番下の文字と名の一番上の文字の
画数を合わせた画数を人格と呼び一番重要とされています。
その人格が私の場合、28画で遭難数と呼ばれ大凶とされて
います。今時、おみくじでも大凶なんて、なかなかないです。
ところが、いろいろ調べると、私の名字の最後の文字は“藤”
ですが、この“藤”を21画とする本と18画とする本があってね。
“藤”を21画とした場合、人格部分が28画の大凶ですが
“藤”を18画とした場合、人格部分は25画の吉数です。
いったいどちらが正しいのか?全くもって不明です。
より、私の過去や現状と合うと思われる方に従っていくしか
ないのかもしれないですね。
どんなもんでしょうか????????????????

"前々からずっと気になっていた事があって、30年くらい前、東京で姓名判断をしてもらったら" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント