昨日は競馬の宝塚記念でのゴールドシップが衝撃的過ぎたけど、凾館の未勝利戦でクローディオが勝ったのも

いやぁ~、昨日は野球と言うか、巨人戦がないから
気分が楽だね。今日も競馬の話しだね。昨日は宝塚
記念でのゴールドシップが凄すぎたので、そのこと
ばかり書いてしまったけど、本当は他にもいろいろ
書きたい事があってね。6月に入ってすぐくらいに
「今年期待の2歳馬20頭」を挙げて、その次の日に
昨年挙げた、「今年期待の2歳馬10頭」の近況に
ついて書いたけど、

アッシュゴールド(牡、父ステイゴールド 母父メジロマックイーン)
アドマイヤスター(牡、父ディープインパクト 母父クロフネ)
アドマイヤロワ(牡、父ディープインパクト 母父エルティッシュ)
アヴニールマルシェ(牡、父ディープインパクト 母父フレンチデピュティ)
ウインオリファン(牡、父デュランダル 母父リンドシェーバー)
クローディオ(牡、父ハービンジャー 母父スペシャルウィーク)
コンテッサトゥーレ(牝、父ディープインパクト 母父トニービン)
タッチングスピーチ(牝、父ディープインパクト 母父サドラーズウェルズ)
バリアーモ(牝、父シンボリクリスエス 母父アドマイヤベガ)
フローレスダンサー(牝、父ハービンジャー 母父サンデーサイレンス)

上記の10頭のうち、デビュー以来、連戦連敗中の
アドマイヤロワとクローディオが、6/28(日)の
凾館6レースの3歳未勝利戦に出走していてね。当然、
未勝利戦だから、出てきている馬は連戦連敗中の馬
ばかりだけど、アドマイヤロワとクローディオが同じ
レースに出てくるとは思わなかったね。これがダービー
だったら良かったけどさ。人気はアドマイヤロワが2番
人気で、クローディオが3番人気だったけど、結果は
クローディオが勝ってね。クローディオが日本で勝てる
とは思わなかったね。函館は芝も洋芝だし、雨模様で
渋っていたのもクローディオには幸いしたね。これで
ようやくハービンジャー産駒に期待が持てるよ。この
馬が勝たない限りハービンジャーは信用できなくてね。
弟に抜かれなかっただけでも、兄の面目は保ったね。
ここで、昨年の「期待の2歳馬10頭」の弟妹に関し
少し

エストソルシエール(牝、父ステイゴールド 母父メジロマックイーン)
アドマイヤダイオウ(牡、父ディープインパクト 母父クロフネ)
エルビッシュ(牝、父キングカメハメハ 母父エルティッシュ)
リオンディーズ(牡、父ハービンジャー 母父スペシャルウィーク)
テラノヴァ(牝、父ヴィクトワールピサ 母父トニービン)
リッスンの2013(牡、父ディープインパクト 母父サドラーズウェルズ)
ジャガンツ(牡、父シンボリクリスエス 母父アドマイヤベガ)
カイザーバル(牝、父エンパイアメーカー 母父サンデーサイレンス)

こんな感じです。まだ、全てデビューしていませんが
POGなどで人気が高いのは、母シーザリオで、兄に
エピファネイアのリオンディーズ、当然クローディオ
も兄です。他はドリームジャーニーとかオルフェーブル
の全妹のエストソルシエール、こちらも当然アッシュ
ゴールドも兄です。他はコンテッサトゥーレの妹の
テラノヴァも評価が高いです。アヴニールマルシェと
ウインオリファンはラストクロップの為、弟妹はいま
せん。また、タッチングスピーチの全弟、リッスンの
2013はヨーロッパデビューのようです。

この記事へのトラックバック