昨日はキーボードの調子が悪かったけど、今日は調子がいいから入力しやすいね。今日は昨日書き損ねた

いやぁ~、今日はキーボードの調子がいいねぇ。やっぱ、タッチパネルは
使いにくいね。長文を入力するならキーボードに限るね。キーボードも
ローマ字入力だね。昔、かな入力をブラインドタッチしてる人がいてね。
「よくできるなぁ」って関心してしまったよ。

さて、今日は昨日、書き損ねた血統の話しを少しします。先週末にようやく
ハービンジャー産駒のトーセンバジル2勝目を上げたけどポストサンデー
サイレンスを目指すには結果が伴ってないからさ。社台ファームと言うか
社台グループと言うかは、内国産のいい種牡馬はたくさんいるけどさ。昔
から、社台ファームは外国馬なんだよね。古くはガーサントだけど、何と
言ってもノーザンテーストだね。それ以降のリーディンサイアーはほぼ社台
ファームが独占状態だからさ。リアルシャダイとかトニービンとかね。やっぱ
真打ちはサンデーサイレンスだね。これ以上の種牡馬は現れないと思うね。
まぁ、テスコボーイとかノーザンテーストの時もそう思ったから、また新たな
強力な種牡馬が現れるかもしれないけどさ。今のところはいないね。ポスト
サンデーサイレンスとして、当初期待されたのが、ケンタッキーダービー馬で
経歴的にサンデーサイレンスに似ている、ウォーエンブレムなんだけどね。
気に入った馬じゃないとできない・立たない、違いの分かる馬だったからさ。
アメリカはかなり近親交配が進んでいるから、かなりまずいね。ビッグレッド
ファームで今年から種牡馬入りした一昨年のケンタッキーダービー馬のアイル
ハヴアナザーは4代5代さかのぼるとミスタープロスペクターにレイズアネイ
ティブ、ノーザンダンサー、この3頭ばかりになってしまっているからさ。ちょっと
心配だね。いい子供が出るかどうかね。社台スタリオンでも今年のハービン
ジャーをはじめとして、来年からワークフォース、再来年ノヴェリストと出てくる
けど、ポストサンデーサイレンスには今一かな。普通いい種牡馬と言うのは、
初年度からいい子供を出すんだよね。テスコボーイはランドプリンス、ノーザン
テーストはアンバーシャダイ、サンデーサイレンスはフジキセキとね。ハービン
ジャーは今のところ、代表産駒と呼べるような馬は出てないね。今年新種牡馬
として期待の高かったエンパイアメーカーもヴァーミリアンも、ハービンジャー
以上に勝ててないから、ハービンジャーが悪いって言う事じゃないかもしれな
いけど、それにしてもねぇ。勝ってるのは母父がサンデーサイレンス系ばかり
だから、母の影響で勝ってるとも言えなくもないからさ。あぁ、そう言えば、先週
の中京の未勝利でバンペイユが勝ったから、母父がサンデーサイレンス系だけ
とも限らないのか。バンペイユの母父はエルコンドルパサーだからさ。まぁ、ハー
ビンジャーの産駒にはこれからも注目していくよ。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック