昨日は巨人も負けたし、競馬も負けたし、特に競馬は最初から飛ばし過ぎで息切れするパターンでさ。

昨日は巨人も負けたし、競馬も負けたし、困ってしまうよね。
巨人はあんなもんだね。現状のチーム事情ではね。まぁ、
最近の1勝2敗ペースが1勝1敗1分だから、少しはましに
なったんじゃないのかねぇ。こんなもんでしょう。現状はさ。

話しは変わって、昨日の競馬だけどさ。惜しいのもあったけど、
負けは負けだからさ。特に新潟メインの アイビスサマーダッシュ、
期待のアンバルブライベンが、出足は予想通り早かったけどさ。
後が続かなかったね。予想したフクノドリームとアースソニックが
2着3着と来ていただけに、アンバルブライベンの失速がさ…。
それから、札幌メインのクイーンステークスはオツウがいきなりの
飛ばし過ぎでさ。見せ場はあったけどね。やっぱ、直線息切れする
よね。あれだけ飛ばせばね。レコード決着になったからさ。それでも
予想したアロマティコは2着に入ったけど、ディアデラマドレがさ…。
小倉メインの佐世保ステークスは接戦のいいレースだったけど、
予想した3頭が3着4着5着と、そこそこ来てはいたんだけどね…。
まぁ、こんなところだね。そんなに簡単じゃないからさ。何事もね。
昨日の札幌の5レース、メイクデビューでトゥザワールドの全弟の
トーセンビクトリーが出走していたね。結果は3着だったけど、
最後の直線で結構不利があったのに、立て直して、あそこまで
追い込むのはかなり強いね。そのトーセンビクトリーをハナ・
クビと抑えた、アドマイヤガストとマイネルプロンプトも結構な
ものだね。3頭とも父がディープインパクトじゃないのがいいね。
先々週くらいのブログに書いた、今年期待の2歳馬10頭には
入れてなかったからさ。やっぱ、前評判と実際のレースは結構
違うよね。トーセンビクトリーの父はキングカメハメハなんだけど、
一時期ほど強い馬は出せてないからさ。マイネルプロンプトの
父はマツリダゴッホでサンデーサイレンスの直系だけど、昨年が
初年度でウィンマーレライとか重賞勝ち馬も出しているが、まだ
まだ未知数だね。更にアドマイヤガストの父はチチカステナンゴ
だからさ。社台スタリオンで血統的に父系がグレイソブリン系で
母系もヘイルトゥーリーズンが入っていないから、サンデーサイ
レンスの牝系に合わせ易いんじゃないか?と言うことで、2008
年に入れてダイワスカーレットとか有力な牝馬と掛け合わせた
けど、これと言った目立った活躍馬も残さないまま2011年に
死んだから、今年が最後の産駒だね。最後の年に後継種牡馬
となりうるような、活躍馬を出すこともよくあるからさ。アドマイヤ
ガストは注目の1頭だね。

血統の話しをすると、どうしても長くなってしまうね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック