今日は昨日の競馬の話しからせずばなるまい。やっぱ、レッドリヴェールは牡馬に入ると小さいねぇ。

昨日の競馬は残念だったね。日本ダービーはなかなか厳しいレースに
なったからタフさが要求される感じだね。
牝馬でのダービー制覇を狙った、レッドリヴェールは元々小柄な馬
だけど、牡馬の中に入ると更に小さいねぇ、通常はそんなの感じさせ
ないけどさ。昨日は“かわいい女の子”って感じだったね。気迫不足
かなぁ?非常に表現しにくい部分だけどさ。何かいつもとは違ったね。
レッドリヴェールはハープスターのように絶対的な速さと言うか、次元の
違う追い込みとか、そのような形で勝つわけじゃなく、強さと言うか、競り
合いに強いタイプなので、昨日のレースは最初から厳しい感じだったね。
それにしても、ワンアンドオンリーねぇ。強い馬ではあったけど、弥生賞も
皐月賞も追い込んできてとどかずって、感じだったけど、昨日は先に
抜け出したのが良かったね。皐月賞馬のイスラボニータも流石だね。
なかなか強かったよ。あそこまで追い込むのはね。
いいレースだったと思うね。今年の牡馬もそんなに弱くないぜ、と言うのが
見せつけられたね。
それにしても、これでも、まだサンデーサイレンスの直系による年間GⅠ
全制覇は継続中だからさ。改めてサンデーサイレンス凄すぎるね。

・オークス ‥ ヌーヴォレコルト ー ハーツクライ ーサンデーサイレンス
・ダービー ‥ ワンアンドオンリー ー ハーツクライ ー サンデーサイレンス

ハーツクライはディープインパクトより一つ年上で、3冠馬になって向かう所
敵なしだったディープインパクトに、その年の有馬記念で、日本で唯一の
黒星を付けた馬だからさ。更に今年、ジェンティルドンナの勝ったドバイ
シーマクラシックでも勝っているし、その年のイギリスのキングジョージで
ハリケーンランやエレクトロキューショニストといい勝負をしているからさ。
どこまで続くのかねぇ。サンデーサイレンスの直系によるGⅠ制覇はね。
昨年は短距離路線の絶対エースのロードカナロアがいたし、3歳牡馬の
ロゴタイプとかエピファネイアもいたからさ。
ロードカナロアはキングカメハメハ、ロゴタイプはローエングリン、エピファネイア
はシンボリクリスエスと、サンデーサイレンスの直系以外でも勝てそうな馬が
いたけど、今年は厳しいね。ロードカナロアは引退して種牡馬になっているし、
ロゴタイプもエピファネイアも、今年に入っていいレースしてないからさ。
本来はエピファネイアやトゥザワールドがもう少しやってくれれば、サンデー
サイレンスの直系によるGⅠ制覇はこんなに続かないはずだったんだけどね。
今週末の安田記念もランキング世界一のジャスタウェイとか、NHK杯を逃げ
きったミッキーアイルとか、サンデーサイレンスの直系の超強力馬が出走を
予定しているから、これはまだまだ続くね。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック