今日は競馬の祭典日本ダービーだね。それから巨人、原監督の父、原貢氏がお亡くなりになったとの

今日は競馬の祭典日本ダービーですが、その前にどうしも触れたい
のですが、巨人原辰徳監督の父で菅野智之投手の祖父の原貢氏が
お亡くなりになったとの事でご冥福をお祈り申し上げます。高校野球では
原貢監督の功績は非常に大きく、未だに“巨人の原辰徳は東海大相模
の原貢監督の息子”と言う感じですね。
昨日は巨人のほぼ負け試合を、最後の最後、亀井の一発だけで勝った
みたいなものだけど、勝ちは勝ちだからね。

さて、今日は競馬の祭典日本ダービーだね。楽しみだね。正しくは東京
優駿日本ダービーGⅠだね。ダービーはホースメンのあこがれだからさ。
三冠の他のレース、皐月賞や菊花賞に比べても、やっぱダービーは違う
よね。ダービー馬と言うのはそれだけで凄い事なんだけど、不当に評価の
低い馬がいてね。私が覚えているだけでも、

・クライムカイザー‥トウショウボーイ・テンポイント・グリーングラスのTTG
3強と同世代であり、ダービー後はことごとく3強に負け続け、ダービー後
未勝利のまま引退。
・ラッキールーラ‥馬体重が530kg超えの大型馬の為、その時点で低評価。
同世代に超良血最強丸外馬のマルゼンスキーがいた為、マルゼンスキーが
幻のダービー馬とされてしまう。
・オペックホース‥ダービー勝利後は連戦連敗の32連敗を喫し、“史上最弱
のダービー馬”と言う不当なレッテル張られてしまう。地方競馬や障害馬と
して再起を図ろうとするが、“ダービー馬”としてそれも許されず引退。

他にもカツトップエースとか、アグネスフライトとか、評価の低いダービー馬は
いるけど、どのように言われようがダービーに勝ったのは事実なので、もう少し
認めてやってもいいんじゃないでしょうか?

さて今日のダービーですが、注目は何と言ってもウォッカ以来の牝馬による
ダービー制覇を目指す、レッドリヴェールだね。まぁ、ハープスターがオークスで
まさかの2着だったので、そのあおりを食ってレッドリヴェールへの評価や期待
が下がっていますが、ここで勝ってぜひとも凱旋門賞へ行ってもらいたいね。
血統的にはハープスターよりレッドリヴェールの方が距離適性があるからさ。
それから、対抗は皐月賞馬のイスラボニータ、皐月賞2着のトゥザワールド
青葉賞1着のショウナンラグーンと2着のワールドインパクト、こんな感じかな?
どうしても、凱旋門賞の事を考えると、レッドリヴェールに勝ってもらいたい。
どうしてもさ。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック