天皇賞春、それにしても面白かったね。フェノーメノねぇ。キズナには距離が長かったのかねぇ。

天皇賞春、なかなか面白かったけど、フェノーメノねぇ。
フェノーメノは人気が高いと勝たないのに、今日みたいな
人気がないと勝つよね。
キズナには距離が長かったのかねぇ。ゴールドシップは
あんなに入れ込む馬だったかねぇ。ぎりぎり2着のウィン
バリアシオンはほぼ戻ったね。オルフェーブルと戦っていた
頃にね。日経賞組が強いとは思ったけど、日経賞2着の
ホッコーブレーブがあそこまで走るとは思わなかったね。
予想通りにならないから、いいんだよね。競馬はさ。

これで今年のG1 は全てサンデーサイレンスの直系だね。
フェブラリーステークス(GI)
・コパノリッキー ー ゴールドアリュール ー サンデーサイレンス
高松宮記念(GI)
・コパノリチャード ー ダイワメジャー ー サンデーサイレンス
桜花賞(GI)
・ハープスター ー ディープインパクト ー サンデーサイレンス
皐月賞(GI)
・イスラボニータ ー フジキセキ ー サンデーサイレンス
天皇賞春(GI)
・フェノーメノ ー ステイゴールド ー サンデーサイレンス

こんな感じだからね。
昨年は短距離路線の絶対エースのロードカナロアとか3歳牡馬で
ロゴタイプとかエピファネイアとか、サンデーサイレンス系以外の
G1馬がいたけど、今年は非常にまずいね。
他にもドバイで勝ったジェンティルドンナもジャスタウェイもいるから
サンデーサイレンスの孫による、年間全G1制覇も十分ありうるね。
とにかく凄いことだね。短距離・長距離・芝・ダート全てに対応できる
なんて、サンデーサイレンス恐るべしだね。
逆にいつどの血統がサンデーサイレンスの直系を打ち負かすのかが
楽しみだね。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック