ウェブリログの話題の商品の1位に「堕ちた“現代のベートーベン”とあります。

ベートーベンはドイツ人なのに、なぜ英語読みなのか?
バッハは英語読みの“バック”じゃなく、ドイツ語読みの
“バッハ”なのにね。
ベートーベンもドイツ語読みで“ビートホーフェン”とかね。
そんなの今更ぴんと来ないかな?
多分、最初にイギリス等の英語圏から、日本に伝わったから
“ベートーベン”で定着しのかな?と思うね。
NHKの“らららクラシック”にでも質問してみますかねぇ。
クラシック音楽は非常に好きなのですが、行きつく先はどうしても
ベートーベンの交響曲第5番「運命」となってしまいますね。
全てが聞き所なので、ゆったりしている暇はない。
好きな交響曲はと聞かれたら、ツウぶってシューマンの4番とか
言ってみたいけど、どうしてもベートーベンの5番「運命」とか
ドボルザークの9番「新世界より」とか、チャイコフスキーの4番とか
マーラーの1番「巨人」、とか、有名な曲ばかりですね。
有名と言う事は素晴らしいと言う事でしょうか?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック